Twitter一覧

文学金魚 リード小説大賞、落。

2016年の開催・発表なのに、記ログ漏らしてました。
完成作の有無を問わず募集された《作品リード文》の出来を競う公募です。

(厳密に言えば、「文学金魚大学校第01回セミナーのお題」として出されたものなので、別段なんの見返りもない「ただの企画」ですが)

細部は後段で書くとして、まずは開催スケジュールとリンクをご紹介。

【開催スケジュール等】
▼2016/01/16?
文学金魚大学校セミナー開催要項(募集開始)
▽2016/02/19
リード小説の意義について
▽2016/06/18
セミナーにて大賞発表&懇親会
▼2016/07/14
結果のweb公表(セミナーの文字起こし)

※選考は山田隆道氏とセミナー講師の文学金魚連載作家陣

参加拙作(記事末にて記載)3作の内1作、番号呼びでチラッと触れられただけで終わってます。
んまぁ、228編も来てて30分の間にいくつ取り上げられるんだってお話なので、番号だけでも触れてもらえたなら充分かもしれませぬ。

友人の参加作は内容にも少し触れられてまして、自分のことでないながらニヨニヨしてました。

以下、「リード小説って何?」の話と参加拙作。

続きを読む


一行怪談創作コンテスト、落。

吉田悠軌著 『一行怪談』の発売を記念してPHP研究所文藝出版部が主催した「一行怪談創作コンテスト」の結果発表が先日(といっても確か昨年11月に)ありました。

結果は残念ながら落選でしたが、入選作がとてもいいものだったので悔しさはあまり……。
知人の作品が佳作として紹介されていたので、むしろホッコリしてました。

作品募集&結果発表のページ
総評と佳作紹介のページ

募集期間:2017年8月30日?9月29日
総応募作:6718点
入選作等:
  優秀作5点
  総評で紹介された佳作6点
  総評で触れた作品6点
応募ツイート要項:
 ・題名は要らない。
 ・文章に句点は一つ。
 ・詩ではなく物語である。
 ・物語の中でも怪談に近い。
 ・以上を踏まえた一続きの文章。
※指定URLと「一行怪談創作部」タグも添える。

応募したのは全部で16点。
内2点はネタに走っているし、ホラーではあるけど怪談になってないものもチラホラと。
「一日一行」って気持ちで応募してましたが、振り返ってみると、誰かかんか死亡エンドを迎えていそうなヤンデレ系作品ばかりだなぁ…。

こう、ざわざわぞわぞわ来るものを「句点ただ1つだけ」の一言で書きたいのに書けないのが、なんとももどかしい。
『オンナ1つ、骨抜きで。』が今の私の限界かも。 想像力の問題なのか、怪談創作スキルの問題なのか……うーみゅ。

総評で吉田氏が言うように、誰しも経験したことのある現実に少しの異質感を与える、のが怪談の基本形なのかな。

以下、応募拙作。

続きを読む


公募ガイド短歌、入選(の話と、Twitter懸賞の注意喚起)。

4月に『公募ガイド』が募集していた「ツイート短歌」企画に、先日、私の書いたものが10選入りしたとの連絡がきました。
身元もハッキリしているので、金券の送付先を素直に答えた上で3つ質問しまして。

「入選した拙作はどれか?」
「入選短歌の公表・掲載予定の有無」
「拙作が入選したことを公(Twitterや個人ブログ等)で書いてもいいか?」

1つめはお答えいただけたんですが他2つは回答がなく、どうしようかと思っていたらwebにて公表されていたので、こうして気兼ねなく記ログってます。

順序に意味があるかは分かりませんが、拙作は8番目掲載でした。

●募集記事
「投稿」をテーマにした短歌を募集
●10選入り作品の記事
公募ガイド短歌 結果発表
●入選した拙作
『公募見て、取らぬ狸のなんとやら。浮かれてないで、まずは書かねば』

近年よくあるタイプのTwitter公募で、作品に氏名(雅号も可)と「#公募ガイド短歌」を添えてツイートするだけというものでした。
募集期間は、2017/4/9の5月号発売から4/20まで。

名前が添えられていないものは多かったですが、面白い短歌も多かった覚えがあります。

ちなみに、入選者にはDMで連絡をするということで公式アカウントのフォローを「お願い」となってましたが、そこは選考とは関係なかったようです。
……元々フォローしてたから気にしてなかったけど、必須規定だと思い込んでたわ、私。

ところで。
『懸賞を装った詐欺』が今年の初めくらいに私の元へも回ってきたので注意喚起を。

続きを読む


第1回 ハナウタカジツ×140字小説、落。

3月3日にtwitterで嘆き済みですが、これも記録、とお引越し。
「結果まだ出ないんかーい」と思っていたら、2月の中旬と言わず2月8日に結果が出てました。
横綱みかん、無念のGETならず……。

応募した2作はどちらも受験ネタだったので、今思えば失敗だったかなと反省。
短い作品の募集では、なるべく被らないネタを模索するのが定石だって知ってたはずなのに、ほんと何やってんだよと。

自社商品の宣伝も兼ねた公募自体はよくあるんですが、こういうこじんまりした企画は応援したくなるタイプの人間なので、面白がって参加したんですよね。
何より、果物が美味しそうでしたし(笑)
――ただ、もうちょい規定作り込んで、とも思う公募でした。

続きを読む


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大