空とびーだま

壮大にして雄大な空を

びーだま越しにみる。

どこまでも広がる 果てを感じぬ青。
雲が遠く渦巻く 荒波の如き灰。
陽を溶かし滲みゆく 紅葉想わす緋。
闇へと染まりゆく 色合い深き紺。
気の向くままに現れ 心惑わす紫。

そのどれもが儚く 私には愛おしい。

そして――もし、この空を。
何色にも染まるこの空を 留めおけるものならば。

この手の中の ちっぽけなガラスに収め、
いつまでも見入り 魅入られていることだろう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大